2013年04月05日

4月16日:原発ゼロノミクスキャンペーン・シンポジウム(第2回)

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
 4/16 原発ゼロノミクスキャンペーン・シンポジウム
 原発ゼロノミクス〜脱原発は経済成長のチャンス〜
*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

脱原発こそ経済成長のチャンスとする「原発ゼロノミクス」。
具体的実現方法をディスカッションします。 ”株価を上げインフレにすれば生活はよくなる”というアベノミクスより、日本の足かせとなっている原発依存を脱し、市場の価値転換にそった新しい経済や、省エネ、自然エネルギーなどの、地域に根ざした多様な産業を振興により、より抜本的な日本経済の活性化、健全化を目指しましょう!

どなたでも参加できます!

yoshiharaoshima.jpg
吉原毅氏(城南信用金庫理事長)× 大島賢一氏(立命館大学国際関係学部教授)夢の対談です!

お申し込みはこちらから

【日時】 4月16日(火) 18:00〜19:30
【会場】 衆議院第一議員会館・大会議室 
    (17時30分より会館入り口にて入館証を配布します)
【内容(予定)】
・「原発の本当のコスト」 大島堅一氏
・対談: 吉原毅氏 ×大島堅一氏

●大島賢一氏 (立命館大学国際関係学部教授)
原子力発電のコスト計算などを研究する経済学者。福島第一原子力発電所事故後、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員や内閣官房国家戦略室エネルギー・環境会議コスト等検証委員会委員、大阪府市エネルギー戦略会議委員を務める。著書に『原発のコスト―エネルギー転換への視点』(第12回大佛次郎論壇賞受賞)、
『原発はやっぱり割に合わない』ほか

●吉原毅氏 (城南信用金庫理事長)
原子力撤廃を主張し、太陽光発電などによるクリーンエネルギーの導入を推進している。
経営理念は「人を大切にする、思いやりを大切にする」「原発に頼らない安心できる社会へ」。2012年にシンクタンク「城南総合研究所」を設立し、名誉所長には「原発の即時廃止」を訴える故・加藤寛氏(慶応義塾大学名誉教授)が就いた。著書に『城南信用金庫の「脱原発」宣言』ほか。

【資料代】 500円 
【申込】お申し込みはこちらから。
または、zeronomics2013(※)gmail.com まで。 (※)を@に変えて送信ください。 
※どなたでも参加できます。

【主催】 原発ゼロノミクスキャンペーン、
     eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
【問合せ】 eシフト事務局(FoE Japan内)
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219

★原発ゼロノミクスのウェブサイトより「十万人の賛同」にご参加ください!
http://zeronomics.wordpress.com


posted by ゼロクマ at 06:11| Comment(0) | イベント/おでかけ予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。